カリスマダイエット♪
最新デトックス情報



メタボリックシンドロームは何故危ない?

メタボリックシンドロームは何故危ない?

メタボリックシンドロームはなぜ危ないのでしょうか?

「メタボリックシンドローム」という概念が確立された目的は、動脈硬化による循環器病(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など)をいかに予防するか、ということです。

動脈硬化は、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として出にくい病気です。しかも、動脈硬化による循環器病は働き盛りに突然発症することが多く、生命に関わる重大な病気であり、後遺症も深刻です。

メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがては動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階でキチンと改善しておきましょう。

メタボリックシンドロームの中心的な役割を担う内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化や動脈硬化につながる生活習慣病を引き起こします。
ですから、メタボリックシンドロームの状態を放置しておくということは、動脈硬化へつき進んでいるのと同じ事なのです。

「メタボリックシンドロームは危ない」そう言われても当然だと思いますよね!


〜ビネガー大辞典・お酢で健康!メタボリックシンドロームにガツン!〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。