カリスマダイエット♪
最新デトックス情報



メタボリックシンドロームの判定方法は?

メタボリックシンドロームの判定方法は?

メタボリックシンドロームとはどういう状態なのでしょうか?

現在では1000万人もの人が、この状態なのだそうですが、以前は日本人にあった判断基準が無く海外の判断基準を参考に診断が行われていたようです。

しかし、日本内科学会など8学会の委員で構成されたメタボリックシンドローム診断基準検討委員会(委員長/松澤佑次先生)は、2005年4月に開催された第102回日本内科学会総会において、かねてより待望されていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」を発表しました。

今回のメタボリックシンドロームの診断基準では、内臓脂肪の蓄積が必須条件と位置づけられ、他の3つの項目のうち2つ以上を満たしている場合に「メタボリックシンドローム」と診断します。

●必須項目

内臓脂肪の蓄積はウエスト径で判定、男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。
この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100cm2に相当します。

ウエスト径の正しい測り方はへそまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。

●選択項目
必須項目に当てはまり、次の3つの内2つが該当すると、メタボリックシンドロームとなります。

・血圧130/85mmHg以上

・空腹時血糖110mHg/dl以上

・中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満


〜ビネガー大辞典・お酢で健康!メタボリックシンドロームにガツン!〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。